福中・福高同窓会規約




平成26年3月に 第8条 が改正されております。
第8条 支部 (改正前)
  会員が10名以上在住する地方は、支部を設けることができる。支部の規約は別にこれを定める。
 ↓
第8条 支部 (改正後)
  1. 本会は支部を置くことができる。
  2. 支部の結成は、代表者の申し出により役員会の承認を受ける。
  3. 支部の運営は、各支部の定めるところとする。



第1章 総則 第5章 嘯月会部会
第2章 役員及び機関
第6章 会報
第3章 会計 第7章 その他
第4章 女子部会  
 
第1章 総則
 
第1条 名称
  本会は「福中・福高同窓会」と称し、事務局を福岡高等学校・福高記念館に置く。
 
第2条 目的
  本会は会員相互の交誼を厚くし、母校福岡高等学校との緊密なる連絡を図り、その発展を助成することを目的とする。
 
第3条 事業
  本会はその目的を達成するために下記の事業を行う。
  1. 会員名簿の発行
  2. 会報の発刊
  3. その他本会の目的を達成するのに必要な事業
 
第4条 会員
  本会は下記の会員でこれを組織する。
    1. 通常会員
     
(イ) 旧制福岡県立福岡中学校の卒業者
(ロ) 旧制福岡県立福岡夜間中学校の卒業者
(ハ) 福岡県立福岡高等学校(全日制課程及び定時制課程)の卒業者
(ニ) 上記の学校に在学した者で、入会を希望し、常任幹事会の承認を得た者
    2. 特別会員
      上記学校の職員及び旧職員
>ページトップへ戻る
第2章 役員及び機関
 
第5条 役員
  1. 会に下記の役員を置く。
   
会長 ‐ 1名
名誉会長 ‐ 若干名
特別顧問 ‐ 1名
副会長 ‐ 若干名
顧問 ‐ 若干名
常任理事 ‐ 若干名
相談役 ‐ 若干名
監査 ‐ 4名以内
常任幹事 ‐ 各回1名(嘯月会は3名)
幹事長 ‐ 1名
副幹事長 ‐ 若干名
会計 ‐ 2名
事務局長 ‐ 1名
  2. 会長、副会長、常任理事及び監査は、常任幹事会において通常会員の中から選出し、総会に報告する。常任幹事は各回から選出する。歴代会長を名誉会長とし、現職の福岡高等学校校長を特別顧問とする。
  3. 顧問、相談役、幹事長、副幹事長、事務局長及び会計は、通常会員の中から会長が委嘱する。
  4. 役員会は、第1項の役員(但し、常任幹事を除く)をもって構成する。
 
第6条 役員の任務
  1. 会長は本会を代表し、会務を総理するほか、総会・常任幹事会の議長となる。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に支障がある時はその職務を代行する。
  3. 常任理事は会長の委嘱により事業を担当する。
  4. 監査は本会の会計及び会務全般の監査に当たる。
  5. 幹事長は会長の意を受け、本会の常務の執行に当たり、副幹事長はこれを補佐し又は代行する。
  6. 事務局長は本会の事務一切を処理する。
  7. 会計は本会の会計事務を処理する。
  8. 常任幹事は常任幹事会を構成し、その付託事項を処理する。
  9. 名誉会長、特別顧問、顧問及び相談役は本会の諮問に応じる。
 
第7条 役員の任期
  役員の任期は2ヵ年とする。但し再任を妨げない。
 
第8条 支部
  1. 本会は支部を置くことができる。
  2. 支部の結成は、代表者の申し出により役員会の承認を受ける。
  3. 支部の運営は、各支部の定めるところとする。
 
第9条 総会
  定期総会は、原則として毎年6月第2日曜日に会長がこれを招集し、役員の選出、予算、決算、規約改正及びその他の会務の報告をなす。卒業後16年目の回をその年の当番幹事とする。臨時総会は、常任幹事の3分の1以上の要求がある時、又は会長が必要と認めた場合に、会長が招集する。
 
第10条 常任幹事会
  1. 常任幹事会は各回1名ずつ及び嘯月会3名の常任幹事をもって構成し、会長、副会長、常任理事、監査の選出、予算、決算、規約改正その他必要な事項を審議決定する。但し、常任幹事が出席できないときは、常任幹事から委任を受けたその回の代行が出席する。
  2. 常任幹事会は会長が招集し、役員はいつでもこの会に出席し意見を述べることができる。
  3. 常任幹事会の議決は、出席した常任幹事の過半数の賛成により行うこととする。
 
第11条 執行部会
  執行部会は、会長、副会長、常任理事、幹事長、副幹事長、事務局長、会計をもって構成し、本会の運営につき必要な事項を審議しその結果を役員会に報告する。
>ページトップへ戻る
第3章 会計
 
第12条 会費
  1. 通常会員は入会と同時に入会金を納入する。
  2. 各卒業回は毎年年会費を納入する。
  3. 会費の額は常任幹事会において決定する。
 
第13条 会計
  1. 本会の会計は入会金、会費、寄付金その他の収入を以って充てる。
  2. 周年行事など、必要があるときは募金活動を行う。
  3. 本会の予算は毎会計年度毎に編成し、常任幹事会の承認を得なければならない。
  4. 本会の決算は5月までに作成し、常任幹事会に提出しその承認を得なければならない。
 
第14条 会計年度
  本会の会計年度は4月1日から始まり、翌3月31日をもって終わる。
 
第15条 基本金の積み立て
  毎年度、予算額の15分の1に相当する金額を、基本金として積立てなければならない。基本金の保管、利殖及び処分は常任幹事会の議決に依って定める。但し、総会にその旨報告しなければならない。
 
第16条 預かり金特別会計
  本会の会計に、預かり金特別会計を設ける。預かり金特別会計は、福岡高等学校の教育目標拡充のため、同校からの要請に基づき随時支出する。
>ページトップへ戻る
第4章 女子部会
 
第17条 名称
  1. 本会に女子部会を設置し、「紅梅会」と称する。
  2. 女子部会に会長、副会長その他の役員を置く。
  3. 女子部会の組織・運営については規約を別に定める。
>ページトップへ戻る
第5章 嘯月会部会
 
第18条 名称
  1. 本会に定時制部会を設置し、「嘯月会」と称する。
  2. 定時制部会に会長、副会長その他の役員を置く。
  3. 定時制部会の組織・運営については規約を別に定める。
>ページトップへ戻る
第6章 会報
 
第19条 名称及び発行
  本会は毎年2回、会報「朝ぼらけ」を発行する。
 
第20条 編集委員会
  1. 本会に会報発行のための編集委員会を設置する。
  2. 委員会の組織・運営については規約を別に定める。
>ページトップへ戻る
第7章 その他
 
第21条 特別委員会
  本会は必要に応じ特別委員会を設置することができる。特別委員会の組織・運営については別途規約を定める。
 
第22条 慶弔規定
  1. 本会の役員が死亡したときは、本会の名において花輪を及び弔電を送り哀悼の意を表する。
  2. 本会の役員であった者が死亡したときは、弔電を送り哀悼の意を表する。
 
第23条 規約の改正
  本会の規約の改正は、常任幹事会の議決を得て総会に報告するものとする。
 
第24条 実施時期
  本会則は平成8年9月4日から実施する。
 
   
昭和41年4月1日 制定
昭和51年6月7日 一部改正
昭和57年4月28日
昭和63年4月20日
平成6年5月10日
平成8年9月3日
平成12年4月26日
平成23年4月22日
平成24年3月21日
平成26年3月6日
>ページトップへ戻る
 
       
平成24年度 福中・福高同窓会組織図(役員一覧)はコチラから
http://fukuchu-fukkou.jp/?p=1207


事務局からのお知らせ一覧はコチラから
http://fukuchu-fukkou.jp/?page_id=339


<PR>平成29年度 同窓会総会のご協賛企業・個人さまをランダムで表示しています