元福岡アジア美術館館長 安永幸一さんの記事「美術館うらおもて」が連載中


福岡高校10回生で元福岡アジア美術館館長 安永幸一さんへのインタビューを西日本新聞様が書き起こした「美術館うらおもて」が平成29年3月13日より連載されています。

安永さんは福岡市のお生まれで、福岡高校から九州大文学部へ進学、卒業後は山一証券勤務という異色の経歴を経て美の世界に飛び込まれました。

1974年、開館前の福岡市美術館に学芸員第1号として着任。

キャリアを重ねながら40年以上、収集や展覧会企画、調査研究を通じて美術館の最前線に立ち続けられました。


1979年に「九州の美術センター」を目指して開館した福岡市美術館

1999年にアジアの近現代美術を収集展示する専門施設として開館した福岡アジア美術館

安永さんは二つの市立美術館の生みの親であり、育ての親でもあります。

”西日本新聞社様の社告ページより抜粋”


福岡市美術館さまのツイッターでもハッシュタグ”#美術館うらおもて”で記事の抜粋がつぶやかれていますのでフォローしてみてください。







<PR>平成29年度 同窓会総会のご協賛企業・個人さまをランダムで表示しています